あなたの自己実現をサポートします

頑張らないことの大切さ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
私の名前は、松尾弘毅です。私の信条は、常に変化・成長を続けること。その過程で新しい価値を生み出し、人生の質(QOL)を高めてくことで、すべての人が幸せに暮らすことができる社会の実現を目指しています。
詳しいプロフィールはこちら

目標達成を目指す過程で、日常業務に追われてしまう、時間がなくて精一杯、そんな症状に陥っていませんか?

でも、頑張れば頑張るほど上手くいくものもうまくいかなくなってしまうことが現実に起こりうるのです。

私が考える目標達成を妨げる一番の要因は、「頑張ろうとしてしまうこと、努力をするぞと決意すること」です。
これを解消するには、目標達成に向かおうとする考え方を手放す、どこでもリラックスする能力を身につけることが必要です。

逆説的に聞こえるかもしれませんが、意識のみで考えていると頭がガチガチになり、 やることが増える、 自分自身を追い込んでいるつもりでも、 実は目標から遠ざかっている。そんなことが少なくありません。目標達成に、強い意志や労苦、僧侶のような自己規律は不要です。

私は、以前テニスをしていて頻繁に大会に出場していたことがあります。その際にサーブを打つ時、どうしても「入れよう入れようとして頑張って、気合を入れるときには、サーブは全く入りません。ましてセカンドサーブでは、肩に力が入ってガチガチになってしまうと、ボールのスピードは乗らないどころか ダブルフォルトをしてしまいます。

日常生活でも、テニスと同じで、頑張るのを少しやめて力を抜く。そのスキルを身につけることが必要ではないかと、私自身の体験から学びました。

リラックスする、それもどんなピンチだと思われる状況でも、力を抜くことは成功に向かう過程で必須なスキルだと、私のテニスの経験から断言できます。

「頑張ることを手放す」、これを脳内にインストールしていきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
私の名前は、松尾弘毅です。私の信条は、常に変化・成長を続けること。その過程で新しい価値を生み出し、人生の質(QOL)を高めてくことで、すべての人が幸せに暮らすことができる社会の実現を目指しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© HirokiのWebsite , 2020 All Rights Reserved.